接着剤

  • カーペット用接着剤
  • ビニル床タイル用接着剤

TX-500タイルカーペット用接着剤

Tuntexタイルカーペットの施工用に特別に設計された、非溶剤、水性、感圧性、アクリル系接着剤。

adhesive-bg
TX-500タイルカーペット施工用接着剤は、TUNTEXのタイルカーペット施工用に設計開発された無溶剤型、アクリル樹脂系エマルション系感圧接着剤(ピールアップタイプ)です。 TX-500は、強力な接着性、不燃性、非変色性、優れた耐久性、低VOC、非刺激性、環境にやさしいなどの特性を持ち、タイルカーペットの取り付けに使用できます。この商品は、GB 18583-2008屋内装飾材料および再生材料の国内規格に準じています - 第三者テスト機関機関、SGSによってテストされた接着剤の有害物質を制限されています。
  • adhesive-1強粘着性
  • Adhesive-2環境にやさしい
  • Adhesive-3低VOC
  • Adhesive-4刺激性無し

規格
1.    外観:乳白色エマルション
2.    機能性成分:アクリル樹脂系エマルション系化合物
3.    固形含有量:50±2%
4.    粘度:8000〜12000 cps(25℃、LVT 4)
5.    比重:1.01〜1.08

施工方法
こてでの塗布やペイントローラーでの塗布が容易。推奨使用量は通常1リットル当たり10~15㎡ですが、実際の床の状態により、調整を行ってください。微細な穴が無く、高密度で平らなフロアの場合、1リットル当たり15㎡もしくはそれ以上の面積を施工することができます。タイルカーペットを設置する前に接着剤を乾燥させ、接着剤の色が白から透明に変わったことを確認してください。乾燥時間は気温、湿度、通気度合いや床材質などの条件によって変動します。高い通気性があり、低湿度、15℃(59℉)以上の気温環境下での乾燥時間は通常1時間以内です。それに対して、閉め切った場所で、高湿度や低気温状況下での乾燥時間は長くなります。

床表面の準備

* 床面タイプ:

A.     新しい床面:滑らかで平らで乾燥している必要があります。

B.     古い床面:塗料やシール、グリス、油、接着剤、その他有害物質などが除去されている必要があります。

床は固く、乾燥しており、埃が少なく、平ら、水平、穴が開いていない、清潔で有害物質のない状態である必要があります。上記条件が揃うと床はタイルカーペットが反るのを防ぐでしょう。なお、床に付着している古いカーペットや不純物、他の樹脂は削るか剝す必要があります。もしグリスや塗料がある場合は、洗浄剤を使用し、きれい清掃してください。もし施工床面が平らでない場合、修復する必要があります。広い範囲場合は、機械で研磨、もしくは床面の水平加工を再度行う必要があります。

 

施工準備
TX-500の施工前は、箒や掃除機で床の埃などすべて取り除き、きれいにしなければならない。もし床に小さい穴がたくさんある場合、下塗り塗料で補修し、下塗り剤が乾燥した後で接着剤を塗布します。塗布する前に床の湿度、PH値を検出する必要があり、規定の要求に適合する必要があります。もしこれらの条件に適合しない場合、適切な対策処置を行うまでは、施工をお勧めしません。

湿度/PH値の測定結果と施工推奨程度

湿度とPHの(ペーハー)結果
推奨
湿度とPHの(ペーハー)結果
塗布
湿度<70%で且つ7.0<PH<9.0
改善が必要
湿度>90%で且つPH<12.0
施工を行わない
湿度>90%で且つPH>12.0

 

注意事項
保存:直射日光や過熱を避け、冷暗所にて保管、施工して下さい。
施工温度:15~35℃;保管温度:5~40℃。
保存期間:製造から1年。

 

TX-500ビニル床タイル用接着剤

Tuntexビニル床タイルの施工用に特別に設計された、非溶剤、水性、感圧性、アクリル系接着剤。

2
TX-500ビニル床タイル施工用接着剤は、TUNTEXのビニル床タイル施工用に設計開発された無溶剤型、アクリル樹脂系エマルション系感圧接着剤(ピールアップタイプ)です。 TX-500は、強力な接着性、不燃性、非変色性、優れた耐久性、低VOC、非刺激性、環境にやさしいなどの特性を持ち、カーペットの取り付けに使用できます。この商品は、GB 18583-2008屋内装飾材料および再生材料の国内規格に準じています - 第三者テスト機関機関、SGSによってテストされた接着剤の有害物質を制限されています。
  • adhesive-1強粘着性
  • Adhesive-2環境にやさしい
  • Adhesive-3低VOC
  • Adhesive-4刺激性無し

規格
1.    外観:乳白色エマルション
2.    機能性成分:アクリル樹脂系エマルション系化合物
3.    固形含有量:50±2%
4.    粘度:8000〜12000 cps(25℃、LVT 4)
5.    比重:1.01〜1.08

施工方法
こてでの塗布やペイントローラーでの塗布が容易。推奨使用量は通常1リットル当たり10~15㎡ですが、実際の床の状態により、調整を行ってください。微細な穴が無く、高密度で平らなフロアの場合、1リットル当たり15㎡もしくはそれ以上の面積を施工することができます。ビニル床タイルを設置する前に接着剤を乾燥させ、接着剤の色が白から透明に変わったことを確認してください。乾燥時間は気温、湿度、通気度合いや床材質などの条件によって変動します。高い通気性があり、低湿度、15℃(59℉)以上の気温環境下での乾燥時間は通常1時間以内です。それに対して、閉め切った場所で、高湿度や低気温状況下での乾燥時間は長くなります。

床表面の準備

* 床面タイプ:

A. 新しい床面:滑らかで平らで乾燥している必要があります。

B. 古い床面:塗料やシール、グリス、油、接着剤、その他有害物質などが除去されている必要があります。

床は固く、乾燥しており、埃が少なく、平ら、水平、穴が開いていない、清潔で有害物質のない状態である必要があります。上記条件が揃うと床はビニル床タイルが反るのを防ぐでしょう。なお、床に付着している古いビニル床タイルや不純物、他の樹脂は削るか剝す必要があります。もしグリスや塗料がある場合は、洗浄剤を使用し、きれい清掃してください。もし施工床面が平らでない場合、修復する必要があります。広い範囲場合は、機械で研磨、もしくは床面の水平加工を再度行う必要があります。

 

施工準備
TX-500の施工前は、箒や掃除機で床の埃などすべて取り除き、きれいにしなければならない。もし床に小さい穴がたくさんある場合、下塗り塗料で補修し、下塗り剤が乾燥した後で接着剤を塗布します。塗布する前に床の湿度、PH値を検出する必要があり、規定の要求に適合する必要があります。もしこれらの条件に適合しない場合、適切な対策処置を行うまでは、施工をお勧めしません。

湿度/PH値の測定結果と施工推奨程度

湿度とPHの(ペーハー)結果
推奨
湿度とPHの(ペーハー)結果
塗布
湿度<70%で且つ7.0<PH<9.0
改善が必要
湿度>90%で且つPH<12.0
施工を行わない
湿度>90%で且つPH>12.0

 

注意事項
保存:直射日光や過熱を避け、冷暗所にて保管、施工して下さい。
施工温度:15~35℃;保管温度:5~40℃。
保存期間:製造から1年。